埼玉県立近代美術館で現代美術展 【現代美術展 CAFネビュラ展】

  • 現代美術展でワークショップ
  • 現代美術展でワークショップ
  • 現代美術展ポスター
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
2018 CAFネビュラ展 埼玉県立近代美術館での展示風景
<
>

2018 開催展

2017 開催展

2016 開催展

2015 開催展

2014 開催展

2013 開催展

2012 開催展

2011 開催展

2010 開催展

イベント

2018 CAF ネビュラ展

2018 CAFネビュラ展が埼玉県立近代美術館で開催されました

2018CAFネビュラ展 出品作家図録紹介

作家名↓をクリックして作品(各pdfファイル 約600kb〜1.6mb)を見ることができます

青山 洋子 加藤 賢一 田島 環 日下 信介
赤松 功 川邉 耕一 達  和子 平野 雅子
秋山 文生 岸上 嘉世子 田村 優幸 星 晃
新井 知生 木島 隆夫 丹澤 和美 星加 民雄
安藤 真由 金原 京子 圡田 香奈子 穂積 穀重
石田 泰道 倉藤 紀子 鶴巻 美智子 本田 貴侶
一ノ瀬智恵乎 甲谷 武 徳永 陶子 桝田 千秋
伊藤 克広 五嶋 稔 豊島 淳子 松丸 健治
イマイ恵子 小松 富士子 中井 弥生子 松本 安良
今村 園子 齋藤 輝昭 中川 和佳 南  照子
石上 城行 斎藤 望 長沢 晋一 峰岡 順
岩渕 毅弘 坂谷 和夫 中嶋 令惠 宮下 泉
上田 貞子 桜井 武人 永田 ケイ子 森  竹巳
上田 靖子 さとう みゆ 中根 和美 森田 順子
右近 多惠子 城下 万奈 仲野 真 森本 昭宏
江刺家 隆 菅野 純子 中村 齋子 安田 淳
大嶌 幹 鈴木 修一 中谷 れい子 矢野 道彦
大西 房子 硯川 秀人 野口 眞木雄 やはた 文明
奥野 由利 硯川 有紀 野口 真理 山本 和子
尾﨑 ゆみ 須知 鏡子 野原 一郎 吉岡 友次郎
小田 光代 清野 光男 野見山由美子 𠮷田 佑子
小野寺 恵美 鷹啄 榮峰 野村 直子 渡辺 武郎
柏尾 伊佐雄 高橋 輝夫 幡谷 フミコ 渡辺 由紀子
鹿島 寛 鷹嘴 直 半山 修平 山寺 重子

ゲスト作家
笠原 鉄明 南  淳史 Zakir Salam Michela Pedron



ネビュラの可能性

CAFネビュラ協会 [代表 本田貴侶]

 CAF.NのNはNebula(ネビュラ)の頭文字で星雲の意味、アートの交流が渦巻き状に展開されることと、充満したアートのエネルギーが新しい時代に生きる人たちに届くことを願って名付けられました。
 CAFは1978年以来、埼玉美術の祭典、第一次CAF、第二次CAF展と呼称を変更しながら、現代美術のコンセプトと表現の問題を社会に問う運動を展開してきましたが、現在これに加え、地域とアートの交流、さらに国際交流の方向性を中軸に位置づけ、活動の密度を高めていこうとしています。
 それは、一極集中の進歩発展的思考に見直しがかかり、個人や地域の独自性が求められている現在、地域のアートとは何か、アーティストの自由で純粋な思考が、硬直化した地域の現状を打破する糸口を生み出せるかも知れません。また海外の異なる文化状況の中で創作された作品に接することによって、さらに新しい時代のパラダイムを探すためのヒントを見つけることができるのではと考え、ゲスト作家の国外からの招聘に力を入れています。



展覧会開催の歴史

1978~’83 埼玉美術の祭典(6回)
1984~’87 現代美術の祭典(4回)
1988 現代美術120人展(Pre-CAF)
1989~’91 Contemporary Art Festiva(l 第一次 CAF)(3回)
1993~2003 Contemporary Art Festiva(l 第二次 CAF)(10回)
2004~現在 Contemporary Art Festival Nebula(埼玉県立近代美術館、2013、’14 せんだいメディアテーク)(15回)


CAF ネビュラ協会のプロジェクト

2004.7 アイスランド日本現代美術展(アイスランド、ハフナルボルグ美術館)
2005.4 CAF.N 京都展(京都、ギャラリーそわか)
2006、’08、’10、’12 CAF.N 横浜展(横浜市民ギャラリー)
2006.4 2006 CAF.N ミシガン展(ミシガン大学ギャラリー)
2006~’13 コンパレゾン展(グランパレ/パリ)
2007.2  CAF.N 銀座展(東京・銀座、ギャラリー風)
2007.5 CAF.N 松江展(島根県立美術館)
2007.9 CAF.N 仙台展(せんだいメディアテーク)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN(ノースアリゾナ大学ギャラリー、USA)
2008.5 CAF.N ラトヴィア展(リーガ国立海外美術館、ラトヴィア)
2010~2018 CAF.N びわこ展(大津市歴史博物館)
2011.5、2017.6 CAF.N 金沢展(金沢21世紀美術館)
2012.8 CAF.N 熊本展(熊本県立美術館)
2014.7 CAF.N 渋川展(渋川市美術館)




“NEBULA”

CAF.N Association [Representative HONDA Takatomo]

The letter“N”in our name, CAF.N, stands for“nebula,”which reflects our wish for our art to develop and spread out widely, just like the spiral of a nebula in the sky. We ardently hope that our passion for our art will reach out to many people in this new age.
Since our establishment in 1978, while the name of our exhibitions has changed from Saitama Arts Festival to Contemporary Artists Festival (CAF, in its initial stage) and CAF (2nd stage), we raised social awareness of the expressions and concepts of contemporary art. We are also currently trying to make our activities more intensive through artistic interaction with the community, and positioning the direction of international exchange as an axiomatic part of our work.
This has led to a rethink of one-directional progress and development thinking, and in this present day in which the individuality of people and communities is sought, the question of what art in the community is and the free and pure thinking of artists may lead to the appearance of some clues for breaking down the ossified current state of communities. In addition, by encountering works of art that have been produced in overseas nations with different cultures we believe that it is possible for people to find hints for searching for paradigms in the new era, and are subsequently devoting our energies to inviting guest artists from overseas.


Thirty years have now passed since we first started to hold exhibitions. Examples include:
1978-’83 Saitama Art Festival (6 times)
1984-’87 Gendai Bijutsu Festival (4 times)
1988 Exhibition of Contemporary Art by 120 Artists (Pre-CAF)
1989-’91 Contemporary Art Festival (CAF, in its initial stage) (3 times)
1993-2003 CAF (in its 2nd stage) (10 times)
2004- CAF.Nebula Exhibition (The Museum of Modern Art, Saitama, Sendai Mediatheque)

By means of projects such as these, CAF exhibitions were originally intended to raise social awareness of the expressions and concepts of contemporary art. The planning and managing of all the CAF exhibitions is done by the artists themselves.


PROJECTS OF“CAF.N Association”
2004.7 Contemporary Art From Japan in Iceland (Hafnarborg Museum)
2005.4 CAF.N in Kyoto (Gallery Sowaka)
2006,’08,’10,’12 CAF.N in Yokohama (The Yokohama Civic Art Gallery)
2006.4 2006 CAF.N in Michigan (Michigan Univ. Gallery)
2006-’13 COMPARAISONS in Paris (Grand Palais)
2007.2 CAF.N in Ginza (Gallery Kaze)
2007.5 CAF.N in Matsue (Shimane Art Museum)
2007.9 CAF.N in Sendai (Sendai Mediatheque)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN (North Arizona Univ. Gallery)
2008.5 2008 CAF.N in Latvia (Riga Museum of Foreign Art)
2010-’18 CAF.N in Biwako (Otsu City Museum of History)
2011.5, 2017.6 CAF.N in Kanazawa (21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa)
2012.8 CAF.N in Kumamoto (KUMAMOTO PREFECTURAL MUSEUM OF ART)
2014.7 CAF.N in Shibukawa (Shibukawa City Museum)