埼玉県立近代美術館で現代美術展 【現代美術展 CAFネビュラ展】

  • 現代美術展でワークショップ
  • 現代美術展でワークショップ
  • 現代美術展ポスター
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
  • 埼玉県立近代美術館で現代美術展
2018 CAFネビュラ展 埼玉県立近代美術館での展示風景
<
>

2018 開催展

2017 開催展

2016 開催展

2015 開催展

2014 開催展

2013 開催展

2012 開催展

2011 開催展

2010 開催展

イベント

2019 CAF ネビュラ展

埼玉県立近代美術館で現代美術展 入場無料

展覧会案内(表)
拡大画像はこちら
pdfファイル(263kb)
 
展覧会案内(裏)
拡大画像はこちら
pdfファイル(383kb)


2019CAFネビュラ展開催要項

会期 2019年11月6日(水)〜11月17日(日)、11月11日(月)休館
時間 10:00〜17:30 最終日15:30まで
会場 埼玉県立近代美術館 一般展示室 全室 (JR北浦和駅西口より徒歩3分
入場 無料


特別企画

ギャラリートーク 元埼玉県立近代美術館学芸員 渋谷拓氏を囲んで
・11月9日(土)14:30〜16:00
・展覧会場内
・参加費無料
・どなたでも参加できます
ワークショップ 色で遊ぼう キラキラ ペタペタ
ー楽しいオーナメントづくりー
・11月10日(日)13:30〜15:00
・展覧会場内
・参加費無料
・どなたでも参加できます(材料はこちらで用意します)


2019CAFネビュラ展 出品作家紹介

アーティストトーク


ネビュラの意味と可能性

2019 CAFネビュラ展実行委員会

 CAF.NのNはNebula(ネビュラ)の頭文字で星雲の意味します。アートの交流が渦巻き状に展開されることと、充満したアートのエネルギーが新しい時代に生きる人たちに届くことを願って名付けられました。
 CAFは1978年以来、埼玉美術の祭典、第1次CAF、第2次CAF展、CAFネビュラ展と呼称を変更しながら、現代美術のコンセプトと表現の問題を社会に問う運動を展開してきました。地域とアートの交流を中心に位置づけ、さらに国際交流も視野に入れ、活動の密度を高めていこうとしています。



展覧会開催の歴史

1978~’83 埼玉美術の祭典(6回)
1984~’87 現代美術の祭典(4回)
1988 現代美術120人展(Pre-CAF)
1989~’91 Contemporary Art Festiva(l 第一次 CAF)(3回)
1993~2003 Contemporary Art Festiva(l 第二次 CAF)(10回)
2004~現在 Contemporary Art Festival Nebula(埼玉県立近代美術館、2013、2014 せんだいメディアテーク)


CAF ネビュラ協会のプロジェクト

2004.7 アイスランド日本現代美術展(アイスランド、ハフナルボルグ美術館)
2005.4 CAF.N 京都展(京都、ギャラリーそわか)
2006、’08、’10、’12 CAF.N 横浜展(横浜市民ギャラリー)
2006.4 2006 CAF.N ミシガン展(ミシガン大学ギャラリー)
2006~’13 コンパレゾン展(グランパレ/パリ)
2007.2  CAF.N 銀座展(東京・銀座、ギャラリー風)
2007.5 CAF.N 松江展(島根県立美術館)
2007.9 CAF.N 仙台展(せんだいメディアテーク)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN(ノースアリゾナ大学ギャラリー、USA)
2008.5 CAF.N ラトヴィア展(リーガ国立海外美術館、ラトヴィア)
2010~2018 CAF.N びわこ展(大津市歴史博物館)
2011.5、2017.6 CAF.N 金沢展(金沢21世紀美術館)
2012.8 CAF.N 熊本展(熊本県立美術館)
2014.7 CAF.N 渋川展(渋川市美術館)




“NEBULA”

CAF.N Association [Representative HONDA Takatomo]

The letter“N”in our name, CAF.N, stands for“nebula,”which reflects our wish for our art to develop and spread out widely, just like the spiral of a nebula in the sky. We ardently hope that our passion for our art will reach out to many people in this new age.
Since our establishment in 1978, while the name of our exhibitions has changed from Saitama Arts Festival to Contemporary Artists Festival (CAF, in its initial stage) and CAF (2nd stage), we raised social awareness of the expressions and concepts of contemporary art. We are also currently trying to make our activities more intensive through artistic interaction with the community, and positioning the direction of international exchange as an axiomatic part of our work.
This has led to a rethink of one-directional progress and development thinking, and in this present day in which the individuality of people and communities is sought, the question of what art in the community is and the free and pure thinking of artists may lead to the appearance of some clues for breaking down the ossified current state of communities. In addition, by encountering works of art that have been produced in overseas nations with different cultures we believe that it is possible for people to find hints for searching for paradigms in the new era, and are subsequently devoting our energies to inviting guest artists from overseas.


Thirty years have now passed since we first started to hold exhibitions. Examples include:
1978-’83 Saitama Art Festival (6 times)
1984-’87 Gendai Bijutsu Festival (4 times)
1988 Exhibition of Contemporary Art by 120 Artists (Pre-CAF)
1989-’91 Contemporary Art Festival (CAF, in its initial stage) (3 times)
1993-2003 CAF (in its 2nd stage) (10 times)
2004- CAF.Nebula Exhibition (The Museum of Modern Art, Saitama, Sendai Mediatheque)

By means of projects such as these, CAF exhibitions were originally intended to raise social awareness of the expressions and concepts of contemporary art. The planning and managing of all the CAF exhibitions is done by the artists themselves.


PROJECTS OF“CAF.N Association”
2004.7 Contemporary Art From Japan in Iceland (Hafnarborg Museum)
2005.4 CAF.N in Kyoto (Gallery Sowaka)
2006,’08,’10,’12 CAF.N in Yokohama (The Yokohama Civic Art Gallery)
2006.4 2006 CAF.N in Michigan (Michigan Univ. Gallery)
2006-’13 COMPARAISONS in Paris (Grand Palais)
2007.2 CAF.N in Ginza (Gallery Kaze)
2007.5 CAF.N in Matsue (Shimane Art Museum)
2007.9 CAF.N in Sendai (Sendai Mediatheque)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN (North Arizona Univ. Gallery)
2008.5 2008 CAF.N in Latvia (Riga Museum of Foreign Art)
2010-’18 CAF.N in Biwako (Otsu City Museum of History)
2011.5, 2017.6 CAF.N in Kanazawa (21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa)
2012.8 CAF.N in Kumamoto (KUMAMOTO PREFECTURAL MUSEUM OF ART)
2014.7 CAF.N in Shibukawa (Shibukawa City Museum)






主催 2019 CAF ネビュラ展実行委員会
後援 埼玉県/埼玉県教育委員会/テレ玉/FM NACK5/埼玉新聞社/朝日新聞さいたま総局/産経新聞さいたま総局/東京新聞さいたま支局/読売新聞さいたま支局/毎日新聞さいたま支局/日本建築美術工芸協会
ホームページ作成 埼玉