埼玉県立近代美術館で現代美術展 【現代美術展 CAFネビュラ展】

2022 開催展

2021 開催展

2020 開催展

2019 開催展

2018 開催展

2017 開催展

2016 開催展

2015 開催展

2014 開催展

2013 開催展

2012 開催展

2011 開催展

2010 開催展

イベント

2022 CAFN 金沢展

金沢21世紀美術館で現代美術展

会期:2022年5月31日(火)〜 6月5日(日)
時間:10:00〜18:00 最終日16:00まで
会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB 入場無料


展覧会案内(表)
展覧会案内(表)
拡大画像はこちら
PINGファイル(2mb)
  展覧会案内(裏)
展覧会案内(裏)
拡大画像はこちら
PDFファイル(1.2mb)



ネビュラの可能性

CAF.NのNはNebula(ネビュラ)、星雲を意味します。アートの交流が渦巻き状に展開し、そのエネルギーが新しい時代に生きる人に届くことを願って名付けられました。
CAFは1978年に埼玉美術の祭典としてスタートし、埼玉県立近代美術館を拠点に、呼称を変更しながら現在のCAFネビュラ展に至り、現代美術のコンセプトと表現の多様性を社会に問う運動を展開してきました。地域とアートの交流、さらに国際交流も視野に入れ活動の密度を高めてまいりました。
今回の金沢展は2011、2017年と3回目の開催となり、石川県作家4名と海外作家4名が加わり、総勢54名の作品を展示いたします。歴史と現代アートが融合する金沢の地でさらにNebula(ネビュラ)を大きな渦にしていきたいと思います。 是非ご高覧ください。

2022CAF.N金沢展実行委員会



出品作家紹介(54名)

青木孝子 Gabriella Nataxa Garcia Gonzalez 鷹嘴 直 中谷れい子 藤下 覚
赤松 功 菅野美榮 田島 環 仲野 真 Beatriz Calvan Saldierna
李 宣喜 岸上嘉世子 鶴巻美智子 西野優子 星 晃
上田貞子 金原京子 出村まさと 野口真理 松尾一男
植野智子 Claire de chavagnac brugnon 圡田香奈子 野原一郎 南 淳史
新居妙子 小谷節也 豊島淳子 野見山由美子 宮下 泉
大西房子 五嶋 稔 中井弥生子 萩原万里子 森田順子
奥野由利 菅野純子 中川知美 幡谷フミコ 安田 淳
小澤はるみ 硯川秀人 長沢晋一 パルミラ やはた文明
小野寺恵美 清野光男 中嶋令惠 平野雅子 ゆうこ・ゆう
鹿島 寛 鷹啄榮峰 永田ケイ子 藤井智子  



展覧会)


展覧会開催の歴史

1978~’83 埼玉美術の祭典(6回)
1984~’87 現代美術の祭典(4回)
1988 現代美術120人展(Pre-CAF)
1989~’91 Contemporary Art Festiva(l 第一次 CAF)(3回)
1993~2003 Contemporary Art Festiva(l 第二次 CAF)(10回)
2004~現在 Contemporary Art Festival Nebula(埼玉県立近代美術館、2013、'14 せんだいメディアテーク)(18回)


CAF ネビュラ協会のプロジェクト

2004.7 アイスランド日本現代美術展(アイスランド、ハフナルボルグ美術館)
2005.4 CAF.N 京都展(京都、ギャラリーそわか)
2006、’08、’10、’12 CAF.N 横浜展(横浜市民ギャラリー)
2006.4 2006 CAF.N ミシガン展(ミシガン大学ギャラリー)
2006~’13 コンパレゾン展(グランパレ/パリ)
2007.2  CAF.N 銀座展(東京・銀座、ギャラリー風)
2007.5 CAF.N 松江展(島根県立美術館)
2007.9 CAF.N 仙台展(せんだいメディアテーク)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN(ノースアリゾナ大学ギャラリー、USA)
2008.5 CAF.N ラトヴィア展(リーガ国立海外美術館、ラトヴィア)
2010~2018 CAF.N びわこ展(大津市歴史博物館)
2011.5、2017.6 CAF.N 金沢展(金沢21世紀美術館)
2012.8 CAF.N 熊本展(熊本県立美術館)
2014.7 CAF.N 渋川展(渋川市美術館)
2019.5 CAF.N 坂戸展(アートギャラリー月桂樹)
2019.8 CAF.N メキシコ展 ― 合流点 ―(グアナファト大学ギャラリー)
2020.7 CAF.N びわこ展 ― KUROGO Vol.1 ―
2020.8 CAF.N びわこ展 ― 湖の覚層 Vol.1 ―
2021.3 春のCAF.N展 2021





Thirty years have now passed since we first started to hold exhibitions. Examples include:
1978-’83 Saitama Art Festival (6 times)
1984-’87 Gendai Bijutsu Festival (4 times)
1988 Exhibition of Contemporary Art by 120 Artists (Pre-CAF)
1989-’91 Contemporary Art Festival (CAF, in its initial stage) (3 times)
1993-2003 CAF (in its 2nd stage) (10 times)
2004- CAF.Nebula Exhibition (The Museum of Modern Art, Saitama, Sendai Mediatheque)

By means of projects such as these, CAF exhibitions were originally intended to raise social awareness of the expressions and concepts of contemporary art. The planning and managing of all the CAF exhibitions is done by the artists themselves.


PROJECTS OF“CAF.N Association”
2004.7 Contemporary Art From Japan in Iceland (Hafnarborg Museum)
2005.4 CAF.N in Kyoto (Gallery Sowaka)
2006,’08,’10,’12 CAF.N in Yokohama (The Yokohama Civic Art Gallery)
2006.4 2006 CAF.N in Michigan (Michigan Univ. Gallery)
2006-’13 COMPARAISONS in Paris (Grand Palais)
2007.2 CAF.N in Ginza (Gallery Kaze)
2007.5 CAF.N in Matsue (Shimane Art Museum)
2007.9 CAF.N in Sendai (Sendai Mediatheque)
2008.4 CONTEMPORARY ARTISTS OF JAPAN (North Arizona Univ. Gallery)
2008.5 2008 CAF.N in Latvia (Riga Museum of Foreign Art)
2010-’18 CAF.N in Biwako (Otsu City Museum of History)
2011.5, 2017.6 CAF.N in Kanazawa (21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa)
2012.8 CAF.N in Kumamoto (KUMAMOTO PREFECTURAL MUSEUM OF ART)
2014.7 CAF.N in Shibukawa (Shibukawa City Museum)
2019.5 CAF.N in Sakado (Art Gallery Gekkeizyu)
2019.8 CAF.N in MEXICO ― CONFLUENCIA ― (universidad de Guanajuato)
2020.7 CAF.N in Biwako ― KUROGO Vol.1 ―
2020.8 CAF.N in Biwako
2021.3 2021 Exhibition CAF.N in Spring




ホームページ制作 埼玉